コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマムラサキ

百科事典マイペディアの解説

ミヤマムラサキ

本州中部以北の高山の砂礫(されき)地にはえるムラサキ科多年草。太い根の先に高さ10〜20cmの株をつくり,全体に白毛密生根出葉はよく発達し,線状披針形で長さ3〜6cm,茎葉はより小さい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマムラサキ
みやまむらさき / 深山紫
[学]Eritrichium nipponicum Makino

ムラサキ科の多年草。茎は高さ10~20センチメートル、葉とともに灰白色の毛を密生する。根出葉はロゼット状に広がり、線状披針(ひしん)形。7~8月、茎頂に淡青色の5弁花を上向きに開く。亜高山から高山の岩隙(がんげき)や礫地(れきち)に生え、中部地方に分布する。変種のエゾルリムラサキは北海道に分布する。
 ミヤマムラサキ属は多年草で叢生(そうせい)し、分果は翼または鉤(かぎ)形に曲がった刺(とげ)をつける。世界に約30種、日本に1種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android