コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマムラサキ

2件 の用語解説(ミヤマムラサキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミヤマムラサキ

本州中部以北の高山の砂礫(されき)地にはえるムラサキ科多年草。太い根の先に高さ10〜20cmの株をつくり,全体に白毛が密生。根出葉はよく発達し,線状披針形で長さ3〜6cm,茎葉はより小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマムラサキ
みやまむらさき / 深山紫
[学]Eritrichium nipponicum Makino

ムラサキ科の多年草。茎は高さ10~20センチメートル、葉とともに灰白色の毛を密生する。根出葉はロゼット状に広がり、線状披針(ひしん)形。7~8月、茎頂に淡青色の5弁花を上向きに開く。亜高山から高山の岩隙(がんげき)や礫地(れきち)に生え、中部地方に分布する。変種のエゾルリムラサキは北海道に分布する。
 ミヤマムラサキ属は多年草で叢生(そうせい)し、分果は翼または鉤(かぎ)形に曲がった刺(とげ)をつける。世界に約30種、日本に1種分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミヤマムラサキの関連キーワードアカハラ岩梅白山小桜白山千鳥岩銀杏岩黄耆兎菊金紅花姫鍬形峰楓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone