ミルウォーキー・ブリュワーズ(読み)みるうぉーきーぶりゅわーず(英語表記)Milwaukee Brewers

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルウォーキー・ブリュワーズ
みるうぉーきーぶりゅわーず
Milwaukee Brewers

アメリカのプロ野球球団。ナショナル・リーグ所属(中地区)。フランチャイズをウィスコンシン州ミルウォーキーに置き、ミラー・パークを本拠地としている。球団名の変遷は、シアトル・パイロッツ(1969年)―ミルウォーキー・ブリュワーズ(1970年)。
 2地区制の導入とともに両リーグで球団数の拡張が行われた1969年、シアトルにパイロッツとして発足し、アメリカン・リーグ西地区に配属された。しかし1年で経営が立ち行かなくなり、1953年にブレーブスがアトランタへ移転して以来、大リーグ球団がなくなっていたミルウォーキーの勧誘を受けてフランチャイズを移転。西地区所属のまま1970年から現名称となった。1972年に第2ワシントン・セネタースがテキサスに移転してレンジャーズとなり、これを西地区に配属するため、入れ替わりで東地区へ配置転換された。1981年はストライキで前、後期制となり、後期優勝して前期優勝のニューヨーク・ヤンキースと5試合制の地区優勝決定プレーオフで対戦したが勝てなかった。この年、サンディエゴ・パドレスから加入した抑えの切り札ロリー・フィンガースRollie Fingers(1946― )がセーブ王を獲得し、サイ・ヤング賞と最優秀選手(MVP)を同時受賞した。生え抜きのスター遊撃手ロビン・ヨーントRobin Yount(1955― )がMVPを受賞した1982年に球団初の地区優勝。カリフォルニア・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)をプレーオフで破ってリーグ優勝し、ワールド・シリーズではセントルイス・カージナルスと対戦。3勝2敗から2連敗し、「世界一」にはなれなかった。両リーグ3地区制となった1994年からは中地区に配属された。1998年、両リーグの球団数拡張による地区再編成でアメリカン・リーグからナショナル・リーグの中地区へと所属が変わった。この年の7月から、オーナーだったバド・セリグBud Selig(1934― )がコミッショナー代行から正式にコミッショナーに就任したため、球団を手放し娘のウェンディ・セリグ・プリーブWendy Selig-Prieb(1960― )がオーナーとなった。2001年に現本拠地が開場。チームは1998年のリーグ初優勝以降成績不振が続き、2002年から04年までは3年連続最下位の屈辱を味わった。2005年1月には、ロサンゼルスの投資銀行家であるマーク・アナタシオがオーナーとなった。[山下 健]

2005年以降

2005年は13年ぶりに勝率5割に達し、地区3位。2006年は4位と順位を下げたものの、翌07年は2位に浮上した。なお、日本人選手では、野茂英雄(のもひでお)投手(1999年)、大家友和(おおかともかず)投手(2005~06年)らがプレー。
 2007年までの通算成績は、2851勝3266敗、地区優勝1回(アメリカン・リーグ)、リーグ優勝1回(同)、ワールド・シリーズ優勝0回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ミルウォーキー・ブリュワーズ

《Milwaukee Brewers》MLB(メジャーリーグ・ベースボール)加盟のプロ野球チーム。略称はMIL。ナショナルリーグ中地区に所属。創設年は1969年。本拠地はアメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキー、ミラー・パーク。設立年はシアトル・パイロッツ、翌年から現チーム名となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android