ミルバ

百科事典マイペディアの解説

ミルバ

イタリアのポピュラー歌手。ゴーロ生れ。本名はイルバ・マリア・ビオルカティIlva Maria Biolcati。1960年にデビューして以来多くのヒット曲を歌い大衆の人気を得た。ミュージカルでも活躍し,1972年ミラノでの《三文オペラ》に出演して世界的に評価された。以後,アストル・ピアソラとの共演やルチアーノ・ベリオの歌劇《真実の話》,クルト・ワイルの公演でのソロなど,ポピュラーの枠を超えての活動が多くなり,1991年には《ルル》に女優として出演した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルバ
みるば
Milva
(1939― )

イタリアのカンツォーネ歌手。本名マリア・イルバ・ビオルカティMaria Ilva Biolcati。フェッラーラ県のゴーロ生まれで「ゴーロの女豹(めひょう)」とよばれる。1961年に『フラメンコ・ロック』でデビュー。ミーナとは1歳違いで、つねによきライバルであった。しかしミルバは芸術派の方向に進み、ブレヒトやワイルの作品を取り上げたり、スカラ座でオペラを歌ったりしている。またミュージカルへの出演も多い。タンゴの鬼才ピアソラとの共演や、世界のポピュラー歌手や音楽家の作品を取り上げたりするなど、その活動はつねに話題をよんでいる。64年(昭和39)初来日。87年には日本語の曲のみによるアルバム『2丁目の子守歌』を発表して評判になった。代表的なヒット曲に『タンゴ・イタリアーノ』『愛のフィナーレ』などのほか、とくに日本向けに録音された『ウナ・セラ・ディ東京』『愛遙(はる)かに』がある。[田井竜一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

ミルバ
Milva


1939.7.17 -
イタリアのカンツォーネ歌手。
フェルラーラ州ゴーロ生まれ。
本名マリア・イルバ・ビオルカーテ〈Maria Ilva Biolcati〉。
1960年デビューし、ミーナのライヴァルとして注目される。「ゴーロの女豹」の愛称で人気を得、後に芸術派として知られ、ブレヒトの作品や、スカラ座で新作オペラを歌う。また、ミュージカルの第一人者としても活躍。近年ではタンゴの奇才ピアソラとの共演で話題を呼ぶ。ヒット曲に「タンゴ・イタリアーノ」(’62年)の他、日本向けに吹き込んだ「ウナ・セラ・ディ・東京」(’65年)、「消えたほほえみ」(’69年)、「愛のフィナーレ」(’72年)、「愛遥かに」(’73年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android