コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミーラー・バーイー ミーラー・バーイーMīrā Bāī

2件 の用語解説(ミーラー・バーイーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミーラー・バーイー
ミーラー・バーイー
Mīrā Bāī

[生]1450頃.クダキ
[没]1547頃.ドゥワールカー
インドヒンディー語の女流詩人。ラージャスターンの一王家に生れ,メーワールの王子ボージラージに嫁したが,夫の死後クリシュナ信仰に入り,クリシュナを夫として,愛を賛歌に表わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミーラー・バーイー
みーらーばーいー
Mr B
(1498ころ―1546ころ)

インドのクリシュナ信仰のブラジバーカー語詩人。メーワールの王妃。若くして夫と死別、家を出て諸国を遊行(ゆぎょう)し、晩年はクリシュナゆかりの地ドワーリカーに住み、賛歌を歌い踊ることに専念した。ときには無属性の神、ときにはヨーガ行者の姿をした神をたたえているが、クリシュナ、とくに「ギリダル・ゴーパール」(山をもたげるクリシュナ)に捧(ささ)げるひたすらな愛と、別離の悲しみの歌が美しく、『ミーラー賛歌集』としていまなお愛唱されている。メーワール方言で書かれた作品もあり、グジャラート州では自州の文学者としているが、ほとんどの作品がブラジバーカー語に訳され歌われている。[土井久弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミーラー・バーイーの関連キーワード世宗ウェールズ文学姜 維平フランソワHenryモーリツ戸田康光フランソワヘンリーシャンボール城

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone