ムギネ酸(読み)ムギネサン

デジタル大辞泉の解説

ムギネ‐さん【ムギネ酸】

mugineic acidアミノ酸の一種。植物は、アルカリ性土壌では生育に必要な鉄を吸収できないが、イネムギトウモロコシなどイネ科の植物は、根からムギネ酸を分泌し、これが土壌中の鉄イオン(三価鉄)と結びついて可溶性のキレート化合物が形成されるため、根から鉄分を吸収することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android