コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉蜀黍 トウモロコシ

2件 の用語解説(玉蜀黍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐もろこし〔タウ‐〕【玉黍】

イネ科の一年草。高さ2~3メートル。茎は中に白い髄が詰まり、節に細長い葉が互生する。夏、茎頂に雄花穂を円錐状につけ、雌花穂は中ほどの葉の付け根につける。雌花は太い軸に多数規則正しく並び、数枚の苞(ほう)に包まれ、毛状の花柱を出している。種子は扁円形で、でんぷんに富み、食用および飼料にする。アメリカ熱帯地方の原産で、日本へは天正の初めに渡来。とうきび。まきび。南蛮きび。 秋 花=夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうもろこし【玉蜀黍】

イネ科の一年草。熱帯アメリカ原産。稲・小麦とともに世界の三大穀物の一。食用・飼料とするため、世界各地で広く栽培される。茎は高さ2メートル 内外。葉は大形で、広線形。雌雄同株。夏、茎頂に雄花穂を、茎の中ほどの葉腋に雌花穂をつけ、毛髪状の花柱を総ふさのように出す。果穂は長さ約20センチメートルとなり、黄色の扁平な穎果えいかが多数中軸に列をなしてつく。穎果はデンプンに富む。デント-コーン・フリント-コーン・スイート-コーン・ポップ-コーンなどの栽培変種がある。南蛮黍なんばんきび。唐黍とうきび[季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉蜀黍の関連キーワード犬稗紫竹毒麦蓑米脚細東笹葮竹糠黍沼茅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉蜀黍の関連情報