コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉蜀黍 トウモロコシ

デジタル大辞泉の解説

とう‐もろこし〔タウ‐〕【玉黍】

イネ科の一年草。高さ2~3メートル。茎は中に白い髄が詰まり、節に細長い葉が互生する。夏、茎頂に雄花穂を円錐状につけ、雌花穂は中ほどの葉の付け根につける。雌花は太い軸に多数規則正しく並び、数枚の苞(ほう)に包まれ、毛状の花柱を出している。種子は扁円形で、でんぷんに富み、食用および飼料にする。アメリカ熱帯地方の原産で、日本へは天正の初めに渡来。とうきび。まきび。南蛮きび。 秋 花=夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうもろこし【玉蜀黍】

イネ科の一年草。熱帯アメリカ原産。稲・小麦とともに世界の三大穀物の一。食用・飼料とするため、世界各地で広く栽培される。茎は高さ2メートル 内外。葉は大形で、広線形。雌雄同株。夏、茎頂に雄花穂を、茎の中ほどの葉腋に雌花穂をつけ、毛髪状の花柱を総ふさのように出す。果穂は長さ約20センチメートルとなり、黄色の扁平な穎果えいかが多数中軸に列をなしてつく。穎果はデンプンに富む。デント-コーン・フリント-コーン・スイート-コーン・ポップ-コーンなどの栽培変種がある。南蛮黍なんばんきび。唐黍とうきび[季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉蜀黍 (トウモロコシ)

学名:Zea mays
植物。イネ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉蜀黍の関連情報