ムジャーヒディーン運動(読み)ムジャーヒディーンうんどう

百科事典マイペディアの解説

ムジャーヒディーンMujahidinはアラビア語で〈ジハード聖戦)を行う者〉の。固有名としては,19世紀初め,現在のパキスタン北西部で,シク王国,続いて英国植民地政府からの解放を目指したジハードに参加したイスラム教徒の運動を指す。1820年代から1830年代にかけて一時勢力を誇った。また,ソ連アフガニスタン侵攻に対するアフガンゲリラの戦いを呼ぶこともある(アフガニスタン戦争)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

19世紀初め,現在のパキスタンの北西辺境州を中心に起こった,イギリス支配に対する〈ジハード(聖戦)に参加する者たち(ムジャーヒディーンMujāhidīn)〉の運動。その中心はサイイド・アフマド・バレールビーで,異教徒イギリス人の支配する植民地インドを,ムスリムの手で解放することを目ざした。1826年,指導者とともにムジャーヒディーンの500人はパンジャーブ北方の北西辺境地方に根拠地をつくり,まずシク王国に対してジハードを宣言した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android