コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・イブヌル・ハナフィーヤ Muḥammad ibn al-Ḥanafīya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハンマド・イブヌル・ハナフィーヤ
Muḥammad ibn al-Ḥanafīya

[生]637頃.メジナ
[没]700. メジナ
イスラム史におけるマフディー (救世主) の一人で,その最初の人物。第4代カリフ,アリーとハニーファ族の女性との間に生れた子。 685年,シーア派の一部を率いたムフタールは,彼を擁立し,彼をマフディー,自分をその世俗権力執行の代行者と称して一時的にクーファにシーア派政権を樹立した (→ムフタールの乱 ) 。以来,マフディー思想がシーア派運動のなかに取入れられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムハンマド・イブヌル・ハナフィーヤの関連キーワードアブー・ハーシムカイサーン派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android