コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミダス Midas

翻訳|Midas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミダス
Midas

(1) アナトリア (小アジア) 中西部フリュギアの古代諸王の名もしくは称号。ミダスは前 700年頃デルフォイ神殿で王権を奉献する者として最初に歴史に登場する。のちの文献によれば小アジア北西部のアイオリスの都市キュメーの王アガメムノンの娘と結婚し,遠方の諸民族と交易した。サンガリオス (現サカリア) 川上流地方にある磨崖碑にもミダスの名がある。前 700年以前にアッシリアの軍勢がリタウロス地方 (現トルコ中南部) でムシュキ人 (古代フリュギア地方の民に対するアッシリア側からの呼称) のミタの軍勢と戦ったとあるが,おそらく同じミダス王であろう。史実最後のミダス王は,前 700年以後まもなくその王国がキンメリオイ人に滅ぼされたとき自害したとされている。 (2) ギリシア神話に登場するフリュギアの王。泥酔して捕えられ,彼の宮廷に連れて来られたシレノスを丁重にもてなし,ディオニュソスのもとへ送り返したことからディオニュソスに感謝され,なんでも1つだけ望みをかなえてもらえることになり,触れるものがすべて黄金に変る力を授けられることを願った。ところが宮殿に帰ってみると,飲食物まで彼の身体に触れるとたちまち黄金になってしまうので困り果て,ディオニュソスに祈ってこのやっかいな力を自分から取除いてもらったという。その後マルシュアスアポロンが音楽のわざを競い合った場面に居合せたミダスは,アポロンを勝者とするミューズたちの判定に抗議し,マルシュアスの勝利を主張して譲らなかったため,アポロンの怒りを買い,耳をロバの耳に変えられてしまった。そこで彼は,冠で耳を隠し,ただ1人秘密を知る理髪師には,それを口外すれば死刑に処すると申渡したが,この男は黙っているのに耐えられなくなり,地面に穴を掘ってその中に王の秘密を漏した。すると付近に生えたあしが風に揺れるたびに「ミダス王の耳はロバの耳だ」とささやくようになったので,ミダスの秘密は国中に知れ渡ってしまったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミダス(Midās)

ギリシャ神話で、小アジアのフリギアの王。強欲から、触れるものすべてが黄金となる願いをかなえられたが、食物まで黄金となり、空腹のあまり元に戻してもらった。また、パンアポロンの音楽の競演を審判して、パンを勝利者としたため、アポロンにより耳をロバに変えられたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミダス

フリュギアの伝説的な王。酩酊したシレノスを歓待し,その返礼として王は手が触れたものすべてが黄金に変わるという願いをかなえてもらう。しかし食物までも黄金に変わり,困った王はディオニュソスに助けを求めた。
→関連項目リュディア王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミダス【Midas】

ギリシア伝説で,小アジアのフリュギア王。ラテン詩人オウィディウスの《転身物語》によれば,酒神ディオニュソスの養い親で山野の精のシレノスSilēnosが酒に酔って村人につかまり,王宮に連れて来られたとき,ミダスは10日にわたってシレノスを歓待したので,酒神からそのお礼になんでもひとつだけ望みをかなえてやるといわれて,自分の体に触れるものすべてが黄金になることを願った。ところが,いざ望みがかなってみると,飲食物まで黄金に化してしまうため,困りはてた王は酒神に救いを求め,その指示どおりパクトロス川で身を潔めて,ようやくもとの体に戻った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミダス【Midās】

ギリシャ神話中の小アジアのフリュギアの王。ディオニュソスにより体に触れるものすべてを金に変える力を得たが、のち後悔してこの力を捨てた。パンとアポロンが音楽の技競べをした際、審判者となってパンを勝者としたためにアポロンの怒りを買い、ロバの耳に変えられたという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミダス
みだす
Midas

ギリシア神話でフリギアの王。ゴルディオスとキベレ女神の子。あるときミダスは、ディオニソスから彼の従者シレノスに親切にした褒美として、なんなりと望みをかなえてやるといわれる。彼の手に触れるものすべてが金になって欲しいという望みはかなえられるが、口に運ぶ食物までが金に変わったため空腹に耐えきれず、元に戻してもらう。彼がその力をすすぎ流したパクトロス川は、以来砂金を産するようになったという。また、アポロンと牧神パンの音楽の技競べの際に彼は審判となるが、パンに軍配をあげたため、アポロンによりロバの耳にされてしまう。彼はその耳を深い帽子で隠し、ただ1人秘密を知る床屋には死をもって口外を禁じた。しかし床屋はこの秘密を抑えておくことができず、野原に穴を掘ってその中に打ち明け、土をかぶせておいた。やがて春になり、その場に葦(あし)が生えると、風がそよいで「ミダス王の耳はロバの耳」という噂(うわさ)が葦の茎から広まっていった。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミダスの言及

【ヨシ(蘆∥葭∥葦)】より

…真の処女はシュリンクスの調べが聞こえて扉があき,松の冠を戴いて出てくることができるが,偽りの処女は帰還できなかったと伝えられる。またオウィディウスの《転身物語》には,ロバの耳を持つミダス王の秘密を知った髪結師が,穴を掘って〈王様の耳はロバの耳〉とささやき,あとを埋めて安堵したところ,穴の上に生えたヨシが風にそよぐたびに秘密を口外したという話がある。そのために告げ口や無分別のたとえに使われるが,他方《イソップ物語》では弱々しいヨシが実は嵐に最もよく耐えるという,日本の諺の〈柳に雪折れなし〉と同様の寓話も語られている。…

【ロバ(驢馬)】より

…人間がロバに変身する話は古代から近代まで広まっている。とくにアポロンによってその耳をロバの耳に変えられたミダス王の話や,ロバに変えられた主人公ルキウスの遍歴を描いたアプレイウスの《黄金のろば》などはよく知られている話である。 古代には夫婦げんかや兵士に対する罰としてロバに逆に乗せて引きまわす見せしめの刑があった。…

※「ミダス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミダスの関連キーワード歯の変化がもたらした草原適応『知恵蔵』『イミダス』電子化アルディピテクス・ラミダスアルディピテクスラミダスグンナール ハイベルク日陰の蔓・日陰の鬘臈次・﨟次・臘次ワンダー・ブックゴルディオン遺跡アルディピテクスエチオピア(国)ティム ホワイトラミダス猿人熱硬化性樹脂早期警戒衛星ゴルディオン石井由紀子ハイベルグハイベルクミダス衛星

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミダスの関連情報