コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・ゴーリー Muhammad Ghūrī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハンマド・ゴーリー
Muhammad Ghūrī

[生]1172/1173
[没]1206
アフガニスタンのゴール地方のムハンマド家 13代目当主。初めはシハブ・ウッディーン (次にはムイッズ・ウッディーン) ・ムハンマドといった。兄のシャムス・ウッディーン (ギヤス・ウッディーン) とともにガズニー朝を滅ぼし,地方政権を糾合してゴール朝の最盛期を画した。兄によってガズニースルタンとして任命されて以後は,ここを根拠地としておもに北インド経略を目指した。 1202/3年には兄の位を継いだ。みずからスンニー (正統) 派イスラム教徒をもって認じ,デリーも掌握したが,パンジャブ遠征の帰途,イスマーイール派によってインダス河畔で殺された。以後ゴール朝は衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムハンマド・ゴーリーの関連キーワードデリー・サルタナットプリトビーラージラージプートムハンマド奴隷王朝アイバク