コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムフロン ムフロン Ovis musimon; mouflon

3件 の用語解説(ムフロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムフロン
ムフロン
Ovis musimon; mouflon

偶蹄目ウシ科。体長 1.1~1.3m,肩高 70cm内外の野生のヒツジ。雌雄とも大きな渦巻状の角をもち,成長した雄のものでは 1m近くになるものもある。体毛は赤茶色で,雄の背中の中央から体側にかけて白色斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムフロン(mouflon)

ウシ科ヒツジ属の哺乳類。体は小形で、雄は大きな螺旋(らせん)形の角をもつ。コルシカ島サルデーニャ島などの山岳地帯に生息。家畜のヒツジの原種とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ムフロン【mouflon】

家畜ヒツジの有力な祖先とみられている野生ヒツジの1種。偶蹄目ウシ科の哺乳類。地中海コルシカサルデーニャキプロス小アジアイラン西部に分布するが,小アジアとイランのものを別種アジアムフロンO. orientalisとする学者もある。体長110~130cm,尾長3.5~6cm,肩高65~75cm,体重25~50kg。体は小型だががっしりし,雄には長さ85cmに達する渦巻状の角があるが,雌にはないか,あっても小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のムフロンの言及

【ヒツジ(羊)】より

…【一条 薫】。。…

【ヒツジ(羊)】より

… ヒツジ属の野生種には,角の基部に近い部分の上面(三角形の底辺を含む面)と内面の境,すなわち内縁が鋭く顕著で,上面と外面の境,すなわち外縁が丸く不明りょうなユーラシア系の種と,反対に外縁が鋭く顕著で,内縁が丸く不明りょうなアメリカ系の種とがある。ユーラシア系の種には,家畜のヒツジの原種と見られるムフロンO.musimon(サルデーニャとコルシカ)とアジアムフロンO.orientalis(小アジア,イランなど。ただしこれらを同一種とみなす学者もあり,その場合はムフロンの学名はO.orientalisとなる)のほか,ウリアルO.vignei(イラン,カシミール)およびアルガリO.ammon(アルタイ,ヒマラヤ)があり,アメリカ系の種にはビッグホーンO.canadensisがある。…

※「ムフロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムフロンの関連キーワード家筋スクレイピーつつじの里“荒滝”ひつじのしつじくんひつじの日ねむれないひつじのよる かずのほんヤギ(山羊)大伴部子羊野生種《私が知っている野生動物》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムフロンの関連情報