コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキホコリカビ Stemonitis

2件 の用語解説(ムラサキホコリカビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキホコリカビ【Stemonitis】

変形菌門,真正変形菌亜綱,ムラサキホコリカビ(ムラサキホコリ)目に含まれる変形菌の総称。ムラサキホコリともいう。日本では腐朽木などの上に発生し,きわめて普通に見られる。変形体は乳白色であるが,子実体は高さ5~20mm程度。胞子囊は長円柱形で先端は丸く,柄があり,紫褐色を呈するところから和名がついた。胞子囊が密に集合して大きな目だつコロニーを形成する。胞子は淡赤紫色で,表面にわずかな突起がある。純粋培養は困難であるとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキホコリカビ
むらさきほこりかび
[学]Stemonitis fusca

変形菌類のムラサキホコリカビ属の菌類をいう。変形体は白色で、複相核を多数含んでいる。成長すると朽ち木などの基物表面に現れて塊状になり、基物上に変形膜を沈積し、これを共通基盤として直立した有柄胞子嚢(のう)群を形成する。高さは1~1.5センチメートル、紫褐色の円柱形胞子嚢の直径は約0.45ミリメートル、黒い短柄の基部は変形膜につき、上端は胞子嚢の中央を走る柱軸へ続く。柱軸の周囲から伸びた黒い細毛体が網をつくり、その中を真正胞子が満たしている。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone