コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキホコリカビ Stemonitis

2件 の用語解説(ムラサキホコリカビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキホコリカビ【Stemonitis】

変形菌門,真正変形菌亜綱,ムラサキホコリカビ(ムラサキホコリ)目に含まれる変形菌の総称。ムラサキホコリともいう。日本では腐朽木などの上に発生し,きわめて普通に見られる。変形体は乳白色であるが,子実体は高さ5~20mm程度。胞子囊は長円柱形で先端は丸く,柄があり,紫褐色を呈するところから和名がついた。胞子囊が密に集合して大きな目だつコロニーを形成する。胞子は淡赤紫色で,表面にわずかな突起がある。純粋培養は困難であるとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキホコリカビ
むらさきほこりかび
[学]Stemonitis fusca

変形菌類のムラサキホコリカビ属の菌類をいう。変形体は白色で、複相核を多数含んでいる。成長すると朽ち木などの基物表面に現れて塊状になり、基物上に変形膜を沈積し、これを共通基盤として直立した有柄胞子嚢(のう)群を形成する。高さは1~1.5センチメートル、紫褐色の円柱形胞子嚢の直径は約0.45ミリメートル、黒い短柄の基部は変形膜につき、上端は胞子嚢の中央を走る柱軸へ続く。柱軸の周囲から伸びた黒い細毛体が網をつくり、その中を真正胞子が満たしている。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムラサキホコリカビの関連キーワードアメーバ運動変形体原形質運動紫色粘菌変形菌埃っぽい紫埃黴咲誇る紫威

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone