コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルチャー Multscher, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルチャー
Multscher, Hans

[生]1400頃.ウュルテンベルク
[没]1467頃.ウルム
ドイツの彫刻家,画家。 1430年頃から 60年頃までシュワーベン地方最大の彫刻および絵画の工房を営み,同地方のモニュメンタルな写実主義様式を確立した。彫刻の作品は『受難キリスト』 (1430頃,ウルム大聖堂) 。絵画の作品は,聖母の生涯の4場面とキリストの受難の4場面を描いた『受難の祭壇画』 (37,ベルリン国立美術館) ,『マリアの祭壇画』 (56~58) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムルチャーの関連キーワードドイツ美術ウルム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android