コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メサコン酸 メサコンさんmesaconic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メサコン酸
メサコンさん
mesaconic acid

メチルフマル酸ともいう。昇華性のある結晶。融点 204℃,エチルアルコールエーテル可溶クロロホルムに難溶。この酸のジメチルエステルは沸点 205℃の液体で,水に難溶,加熱すると無水シトラコン酸となる。次の構造をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメサコン酸の言及

【イタコン酸】より

…メチレンコハク酸ともいう。メサコン酸,シトラコン酸の異性体(図参照)。融点(分解)167~168℃,密度1.63,白色結晶。…

※「メサコン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android