コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスを入れる メスヲイレル

デジタル大辞泉の解説

メスを入・れる

外科医がメスを用いて切開する。
根本解決のために非常手段をとる。事態を厳しく追及し批判する。また、事態解決に着手する。「政財界の癒着に―・れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メスをいれる【メスを入れる】

メスで患部を切開する。
物事を根本から解決・是正するために、思い切った手段をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

メスを入れるの関連キーワード虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎脳死肝移植と生体肝移植構造改革[小泉政権]D. チョシッチ生体部分肝移植ホーホフート塚本邦雄プチ整形鬼手仏心入れる選挙メス患部物事手段

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メスを入れるの関連情報