コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルビル半島 メルビルはんとうMelville Peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルビル半島
メルビルはんとう
Melville Peninsula

カナダ北東部の半島。ヌナブト准州東部にあり,北方のバフィン島に向って突出し,東方はフォックスベーズン (湾) である。半島は全長約 400km,幅 112~216km。面積6万 5200km2。大部分は先カンブリア時代の結晶質岩より成る。イヌイット (エスキモー) 人口が多く,南のリパルスベイと北のイグルーリクに交易所と集落がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルビル半島
めるびるはんとう
Melville Peninsula

カナダ、ヌナブート・テリトリー、ハドソン湾の北側をバフィン島に向けて北に突き出た半島。東側にフォックス湾、西側にブーシア湾が広がる。バフィン島との間には狭いファリー・アンド・ヘクラ海峡がある。丘陵性で岩石質のツンドラ地域である。[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メルビル半島の関連キーワードフランクリン地区フォックス海盆

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android