メロカンナ(英語表記)〈ラテン〉Melocanna

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メロカンナ
めろかんな
[学]Melocanna bambusoides Trin.

イネ科のタケ・ササ類。インド原産。稈(かん)は株にならずに互いに離れて立ち、先端近くまで枝を出さない。高さ20メートル、径7センチメートルに達し、節に1本の細い隆起線がある。竹の皮は黄色で、伏した白毛で覆われる。葉は披針(ひしん)形または長楕円(ちょうだえん)状披針形で長さ15~35センチメートル、幅3~4センチメートル、ときに約7センチメートルになる。果実はゆがんだ卵形で長さ8~12センチメートル、幅5~7センチメートルと大きく、先はくちばし状に長くとがる。果肉は肉質で柔らかく、食べられる。[鈴木貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

メロカンナ

〘名〙 (melocanna) イネ科の木本。インド原産。稈は高さ二〇メートルほどになる。葉は長さ三〇センチメートルほど。花は円錐花序で、小穂穂状につく。果実は広卵形で長さ五~一〇センチメートル、果皮、種子ともに食用とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android