コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーヌ公 メーヌこうMaine, Louis-Auguste de Bourbon, Duc du

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メーヌ公
メーヌこう
Maine, Louis-Auguste de Bourbon, Duc du

[生]1670.3.31. サンジェルマンアンレ?
[没]1736.5.14. オードセーヌ,ソー
フランス王ルイ 14世モンテスパン侯夫人の間にできた親王。 1673年嫡出子と認められ,メーヌ公となった。 92年大コンデの孫アンヌと結婚。父王の格別の愛情を受けて血統親王を欠いた場合,王位継承人となる資格を得,遺言によりルイ 15世の後見人となった。しかし,王の死 (1715) 後,摂政オルレアン公フィリップと対立し,ほとんどの特権を喪失し,公妃の扇動で摂政をスペイン王とするスペイン大使セラマールの陰謀に加担。発覚して投獄され (18~20) ,釈放後政治を離れて,ソー城に引退し,摂政とも和解した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メーヌ公の関連キーワードモンテスパン夫人メーヌ公妃

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android