コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モシェレス モシェレス Moscheles, Ignaz

3件 の用語解説(モシェレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モシェレス
モシェレス
Moscheles, Ignaz

[生]1794.5.23. プラハ
[没]1870.3.10. ライプチヒ
チェコ生れのピアニスト,指揮者,作曲家。プラハ音楽院を卒業後,ウィーンで学んだ。ドイツフランスで演奏活動をしたのち,ロンドンに定住し,演奏,指揮に活躍。メンデルスゾーンの師でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

モシェレス

チェコに生まれ、ドイツで活動した。作曲の他に、ピアニストやピアノ教育者、指揮者としても知られている。モシェレスの活動の中核をなすのはピアノ関連のものである。
プラハ音楽院でウェーバーに師事した。当 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モシェレス【Ignaz Moscheles】

1794‐1870
チェコ生れのドイツのピアノ奏者,指揮者,作曲家。ウィーンでJ.G.アルブレヒツベルガーとA.サリエリに対位法や作曲を学び,ベートーベンから大きな影響を受ける。早くからピアノ奏者として認められ,1814年ベートーベンに委託されて《フィデリオ》のピアノ・スコアを出版。翌年からはドイツ各地,パリ,ロンドンにピアノのビルトゥオーソとして演奏旅行。25年ロンドンに居を定めてローヤル音楽アカデミーでピアノを教え,またフィルハーモニー協会の管弦楽団を指揮してベートーベンの《ミサ・ソレムニス》《第9交響曲》を演奏して大成功を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モシェレスの関連キーワードアラウバーンスタイン譜捲り霧の中で左手のためのピアノ協奏曲ブレンデルカッツ=チェルニン:頑固に長調で/piano soloグレーデナーヘンゼルトモシュコフスキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone