コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モブツセセセコ湖(読み)モブツセセセコこ(英語表記)Lake Mobutu Sese Seko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モブツセセセコ湖
モブツセセセコこ
Lake Mobutu Sese Seko

コンゴ民主共和国ウガンダの国境にある湖。アルバート湖 Lake Albertともいう。アフリカ大地溝帯グレートリフトバレー)西帯に位置する。面積約 5600km2。周囲 520km。長さ約 160km。幅約 35km。湖面標高 616m。最大水深 60m。アフリカで最も鳥類の多い湖といわれる。南部からセムリキ川,北東部からビクトリアナイル川が流入,北端部からアルバートナイル川が流出。蒸発率が高く,多少塩分を含む。アルバート湖の名は,ナイルの水源地を調査中のサミュエル・ホワイト・ベーカーが 1864年に到達した際,イギリス女王ビクトリアの夫アルバート(アルベルト)にちなんで命名した。漁業も行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android