コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モプティ Mopti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モプティ
Mopti

マリ中南部の町。モプティ県の県都。バマコ東北東約 470km,バニ川ニジェール川合流点付近に位置。3つの島から成る。バマコとガオを結ぶ幹線道路の中間にあり,陸上および水上交通の要衝となっている。ミレット,米,綿花,タバコ,キャッサバナンキンマメ,シェアナッツバター,家畜などの集散地。カリナと呼ばれる素焼の水がめを特産し,石灰焼窯,皮なめしなどの軽工業もある。国内空港がある。人口7万 3979 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モプティ(Mopti)

マリ中部の都市。モプティ州の州都。ニジェール川とその支流バニ川の合流点に位置する。水上・陸上交通の要地で、商業が盛ん。20世紀初頭に建造された大モスクがあるほか、ドゴン人の集落が点在し世界遺産にも登録されたバンディアガラの断崖に近い。モプチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

モプティの関連キーワードバンディアガラの断崖〈ドゴン人の地〉ジェンネ旧市街マリ(国)トゥーレジェンネ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android