モル比熱(読み)モルひねつ

百科事典マイペディア「モル比熱」の解説

モル比熱【モルひねつ】

物質モルモル)の熱容量,すなわちその物質の比熱に分子量をかけたもの。分子熱ともいった。比熱として定容比熱,定圧比熱のいずれをとるかにより,定容モル比熱C(/v),定圧モル比熱C(/p)があり,理想気体の場合にはC(/p)−C(/v)=R(Rは気体定数)の関係が成り立つ。→ノイマン=コップの法則
→関連項目熱容量比熱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のモル比熱の言及

【比熱】より

…比熱の単位としては通常,1gの物質を1K上げるのに要する熱量をcalで表したもの,すなわちcal/K・gが使われる。比熱と物質の質量との積を熱容量といい,気体に対しては,1molに対する熱容量を用いることが多く,これをモル比熱molar heatという。 比熱は同じ物質でも温度や圧力によって異なり,とくに物質の状態が気体,液体,固体であるかによって大きく異なる。…

※「モル比熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android