コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モレー Molay, Jacques de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モレー
Molay, Jacques de

[生]1243頃.モレー
[没]1314.3.18/19. パリ
エルサレム,神殿騎士修道会 (テンプル騎士団) の最後の総長。 1265年入会後シリアに,91年以後キプロスに在任。 98年頃総長に選任された。 1306年頃からパリに滞在。 07年 10月 24日騎士修道会の所領,財産没収をもくろむフランス王フィリップ4世の手兵に急襲され,全会員とともに投獄されて,騎士修道会は解散,モレーは一方的な宗教裁判の結果,火刑に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モレーの関連キーワードアウトウォッシュ・プレーンスーパーモレーン堆積物テンプル騎士修道会事件ロベルツス[モレーム]シエラ・ネバダ[山脈]スカリストゥイ山脈ゲルラホウスキー山フィリップ(4世)グラン・ギニョールケニア山国立公園グラン・ギニョルドッガー・バンクスタウカテガット海峡いつか王子様がイーザル[川]シェラン[島]オーデル[川]カレドニア運河バルタ[川]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android