コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタニャール

百科事典マイペディアの解説

モンタニャール

山岳派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンタニャール【Montagnard】

モンタニャールとはフランス語で〈山地民〉の意。(1)ベトナム,カンボジア,ラオスの旧フランス領インドシナ地域に住む山岳少数民族の総称。アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属する言語を話すバナール族Bahnar,セダン族Sedang,ロベン族Loven等とともに,アウストロネシア(マレー・ポリネシア)語族に属する言語を使用するジャライ族Jarai,ラグライ族Raglai,ラデー族Rhadé等を含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタニャール

山岳派」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のモンタニャールの言及

【アウストロアジア語系諸族】より

アウストロアジア語族に属する言語を話す諸族の総称。中部インドからインドシナ半島にかけて分布し,その経済形態も,マレー半島のセマン族やタイ,ラオスの山地のピー・トン・ルアン族のような採集狩猟民,ニコバル諸島民のようなイモ類・果樹栽培民,ベトナム中部・南部からラオス,カンボジアにかけての山地諸族(モイ,カー,プノンなどで,モンタニャールと総称する),北タイのラワ族や中国雲南のワ族のような焼畑稲作民,インドのムンダ族のような棚田耕作民,ベトナム人,クメール族モン族のような平地水稲耕作民にわたっている。 アウストロアジア語系諸族の分布地域は広いが,連続しておらず,タイ語系やチベット・ビルマ語系の諸族によって分断されている。…

【ベトナム】より

…なおムオン語はベトナム語と同系関係にあり,その祖型を伝える。また中部高原には,総勢100万を超えるさまざまな山地民(モンタニャール)が展開する。通称モイMoi族(〈野蛮人〉の意)と呼ばれるベトナム原住民で,アウストロアジア語系諸族およびアウストロネシア(マライ・ポリネシア)語系諸族に分類される。…

※「モンタニャール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンタニャールの関連キーワードアウストロアジア語系諸族モン・クメール語族サン・キュロットモンタニャールルイ(16世)サン・ジュストフランス革命ジャコバン派ジロンド派ロラン夫人最高価格令モイ諸族モイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンタニャールの関連情報