コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンベルト モンベルトMombert, Alfred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンベルト
Mombert, Alfred

[生]1872.2.6. カルルスルーエ
[没]1942.4.8. ウィンタートゥール
ドイツの詩人。表現主義の先駆者。宇宙的幻想を賛歌風にうたい上げる詩を書いた。初めベルリンで学び,ハイデルベルクで弁護士を開業。アフリカなどへ旅するうち詩作を始めた。ユダヤ系のため 1940年に強制収容所に入れられ,友人の努力で釈放されてスイスへ逃れたが,癌のため死亡。詩集に『天地創造』 Die Schöpfung (1897) ,『カオスの花』 Die Blüte des Chaos (1905) ,『大地の英雄』 Der Held des Erde (19) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンベルト
もんべると
Alfred Mombert
(1872―1942)

ユダヤ系のドイツの詩人。カールスルーエ生まれ。文壇との交渉をもたず、私生活も秘して孤独な生涯を送った。1900年ハイデルベルクで弁護士を開業、以来当地に住んでいたが、40年ナチスによって強制収容所へ連行された。のち友人たちの奔走でスイスへ脱出した。表現主義文学の先駆者の一人で、さまざまな神話的形象を用いて宇宙永遠の創造原理を夢と幻想の世界のなかに表現しようと試みた特異な詩人。作品は処女詩集『昼と夜』(1894)をはじめ、『天地創造』(1897)、『カオスの花』(1905)、『牽牛星(けんぎゅうせい)』(1925)など多くの詩集のほか少数の劇作品もある。[平井俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モンベルトの関連キーワードルドルフ パンビッツイヌのおもな毛色パンビッツ2月6日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android