コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンベルト モンベルト Mombert, Alfred

2件 の用語解説(モンベルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンベルト
モンベルト
Mombert, Alfred

[生]1872.2.6. カルルスルーエ
[没]1942.4.8. ウィンタートゥール
ドイツの詩人。表現主義の先駆者。宇宙的幻想を賛歌風にうたい上げる詩を書いた。初めベルリンで学び,ハイデルベルク弁護士を開業。アフリカなどへ旅するうち詩作を始めた。ユダヤ系のため 1940年に強制収容所に入れられ,友人の努力で釈放されてスイスへ逃れたが,癌のため死亡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンベルト
もんべると
Alfred Mombert
(1872―1942)

ユダヤ系のドイツの詩人。カールスルーエ生まれ。文壇との交渉をもたず、私生活も秘して孤独な生涯を送った。1900年ハイデルベルクで弁護士を開業、以来当地に住んでいたが、40年ナチスによって強制収容所へ連行された。のち友人たちの奔走でスイスへ脱出した。表現主義文学の先駆者の一人で、さまざまな神話的形象を用いて宇宙永遠の創造原理を夢と幻想の世界のなかに表現しようと試みた特異な詩人。作品は処女詩集『昼と夜』(1894)をはじめ、『天地創造』(1897)、『カオスの花』(1905)、『牽牛星(けんぎゅうせい)』(1925)など多くの詩集のほか少数の劇作品もある。[平井俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンベルトの関連キーワードローカルルーターカルルス温泉カールスバートカルルス泉塩ローカルルールカールスルーエ城ゼネラルルールテクニカルルーチンカルルス温泉サンライバスキー場北海道登別市カルルス町

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone