コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーラム モーラム Molam

2件 の用語解説(モーラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーラム
モーラム
Molam

ラオスおよびタイ東北部イサーン地方に伝承される歌謡芸能。ケーン (笙) の伴奏に即興の歌詞をつけて歌い,両手をゆっくりと動かしながら舞う。ケーンは,鼻呼吸によって数分間音を切ることなく演奏する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーラム

タイ北東部およびラオスラオ人の伝統歌謡の歌い手。古くから伝承されている旋律に即興的な歌詞をつけて,ケーンの伴奏にのって簡単な身振りで踊りながら歌う。結婚式や法事,祭りなどに欠かせないもので,伝説や男女の恋を歌うばかりでなく,難しい政治政策なども人びとにわかりやすく伝える。
→関連項目ルーク・トゥン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のモーラムの言及

【民俗芸能】より

…多くの民俗芸能は,史実を脚色した題材をもち,過去に対するその時その時の現代的解釈として人々に支えられてきた。北部タイやラオスでのケーン(笙(しよう))を伴奏とするモーラムmōlam,ネパールでのサーランギーを伴奏とするガイネgaineには,そうした過去とならんで新しい話題(時事問題)なども織り込まれる。また,事実ないしその脚色ではなく虚構の世界を描く物語性をもった民俗芸能も多く,それらはしばしば勧善懲悪,二元論などの倫理観,世界観を表明するものと解釈することができる。…

※「モーラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モーラムの関連キーワードノーンカーイラオ語ラオ族ラオ寺尾アギオスニコラオス要塞しらおスキー場夏のラ王バスラオサバナケット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーラムの関連情報