ヤドリダニ(寄生蜱)(読み)ヤドリダニ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤドリダニ【ヤドリダニ(寄生蜱)】

蛛形(ちゆけい)綱ダニ目ヤドリダニ団Gamasinaの節足動物の総称(広義にはヤドリダニ亜目を指す)。体長0.3~1.3mm,無色~褐色。第1脚は他の脚よりも細く長いことが多い。つめは2本。生態はさまざまで,動物の体表に寄生するイエダニワクモ,トゲダニ,体内に寄生するハイダニ,ハナダニ,植物体上でハダニなどの害虫を捕食してくれるカブリダニ,土壌中で他の小虫を捕食するホコダニなどがいる。【青木 淳一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android