コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドリダニ(寄生蜱) ヤドリダニ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤドリダニ【ヤドリダニ(寄生蜱)】

蛛形(ちゆけい)綱ダニ目ヤドリダニ団Gamasinaの節足動物の総称(広義にはヤドリダニ亜目を指す)。体長0.3~1.3mm,無色~褐色。第1脚は他の脚よりも細く長いことが多い。つめは2本。生態はさまざまで,動物の体表に寄生するイエダニワクモ,トゲダニ,体内に寄生するハイダニ,ハナダニ,植物体上でハダニなどの害虫を捕食してくれるカブリダニ,土壌中で他の小虫を捕食するホコダニなどがいる。【青木 淳一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android