コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドリダニ(寄生蜱) ヤドリダニ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤドリダニ【ヤドリダニ(寄生蜱)】

蛛形(ちゆけい)綱ダニ目ヤドリダニGamasina節足動物の総称(広義にはヤドリダニ亜目を指す)。体長0.3~1.3mm,無色~褐色。第1脚は他の脚よりも細く長いことが多い。つめは2本。生態はさまざまで,動物の体表に寄生するイエダニワクモ,トゲダニ,体内に寄生するハイダニ,ハナダニ,植物体上でハダニなどの害虫を捕食してくれるカブリダニ,土壌中で他の小虫を捕食するホコダニなどがいる。【青木 淳一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone