コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブリダニ Phytoseiidae; phytoseiid mite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カブリダニ
Phytoseiidae; phytoseiid mite

クモ綱ダニ目カブリダニ科に属する種類の総称。体は一般に乳白色ないし淡褐色で,雌は 0.3~0.6mm,雄はそれより小型。背毛が 15~18対あり,20対以上あるマヨイダニ科 Ascidaeと区別される。多くの植物上に見出され,常に捕食性のもの,ときに植物質の餌をとるもの,花粉を常食とするものなどがある。捕食性の種はハダニなどの植物寄生性ダニ類天敵となるので,生物農薬として用いようとする試みがなされている。日本産は 50種以上が知られており,ケナガカブリダニ Amblyseius longispinosus,ニセラーゴカブリダニ A. deleoni,フツウカブリダニ Typhlodromus vulgarisなどがごく普通にみられる。 (→ダニ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カブリダニ

カブリダニ科Phytoseiidaeに属するダニの総称。乳白色ないし淡褐色で,胴長は雌がふつう0.3~0.5mm,雄がふつう0.2~0.35mm。背板毛は近縁の科よりも少なく,20対になることはない。胴背毛の長さがほぼ一様なものから,一部の胴背毛が著しく長いものまでいろいろである。植物にすむものが多く,ハダニ,フシダニ,小型昆虫類,花粉などを食べるが,主としてハダニを捕食するところから,農作物に有害なハダニの天敵として著名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブリダニ
かぶりだに / 咬・被

節足動物門クモ形綱ダニ目カブリダニ科Phytoseiidaeのダニ。乳白色ないし淡褐色の種類が多いが、チリカブリダニはオレンジ色を呈す。体長は雌0.3~0.6ミリメートル。全世界から800種以上、日本には50種以上が知られている。植物にすむものが多く、ハダニ類に比べて行動が活発。ハダニ類を捕食する種類を含み、ハダニの天敵として有力視される。とくに地中海沿岸およびチリ原産のチリカブリダニは著名な天敵である。ケナガカブリダニAmblyseius longispinosusは日本全土に分布し、ニセラーゴカブリダニAmblyseius eharaiは西日本に多く、農作物や果樹につくハダニ類の自然防除に役だっている。近年、茶園より、農薬に抵抗性をもつケナガカブリダニが確認され、薬剤を散布する農作物において、天敵を利用する研究が進められている。[森 樊須]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカブリダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…赤道直下の熱帯から,標高3000m以上の高山や南極にも生息し,森林,草原,湿原,海浜,湖沼,河川,洞穴,温泉,さらに人為的な影響下にある果樹園,畑,牧場,ゴルフ場,庭園,道路の植込みに至るまで,あらゆる場所に無害なダニが見られる。そのうち,ササラダニは土壌中に生活して落葉などの植物遺体の分解に関与して,豊かな土づくりに貢献しているし,樹木の上をパトロールするカブリダニ,ナガヒシダニ,テングダニなどは農林害虫となるハダニを捕食してくれる。セミ,バッタ,トンボ,カメムシ,ガなどに寄生するダニも種類が多い。…

※「カブリダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カブリダニの関連キーワードAmblyseius longispinosusチリ被壁蝨・チリ被壁虱ヤドリダニ(寄生蜱)昆虫農薬被蜱咬蜱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android