コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエダニ イエダニ Ornithonyssus bacoti ;tropical rat mite

4件 の用語解説(イエダニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエダニ
イエダニ
Ornithonyssus bacoti ;tropical rat mite

クモ綱ダニ目オオサシダニ科。雌は体長 0.7mmほどで,吸血後は 1.2mmぐらいになる。雄は 0.5mm。クマネズミRattusに寄生する。しばしば人を刺し,ひどいかゆみを与える。卵はネズミの巣に産み落され,卵→幼虫→第1若虫→第2若虫→成虫となるが,吸血するのは第1若虫と成虫のみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イエダニ

蛛形(ちゅけい)綱オオサシダニ科の一種。雌は体長約1mm,雄は0.5mm。淡黄色,楕円形で腹面に脚が4対。広く温帯,熱帯に分布し,日本全土に見られる。雌雄とも吸血性で,主としてイエネズミの巣内で繁殖。
→関連項目ダニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イエダニ【Ornithonyssus bacoti】

サシダニ科のダニ(イラスト)。本来は住家性のネズミに寄生し,ネズミが過剰繁殖したり,死んだときなどネズミの巣や体から離れてヒトを襲う。体長0.7mmほどで未吸血時は長卵円形で白色であるが,吸血するとまるくなり赤褐色から黒褐色に変わる。世界各地に広く分布し,日本には大正末期に外国から渡来したといわれる。現在は北海道から沖縄まで全土に見られる。ネズミの巣の中に産み落とされた卵は2~5日で孵化(ふか)し,幼ダニ,前若ダニ,後若ダニ,親ダニと発育し,卵から親ダニまでの期間は10~14日である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエダニ
いえだに / 家
tropical rat mite
[学]Ornithonyssus bacoti

節足動物門クモ形綱ダニ目オオサシダニ科に属するダニ。最大1ミリメートル程度の卵型のダニで、住家性ネズミ類に寄生し、その巣内で生活する。卵→幼虫→第1若虫→第2若虫→成虫の齢期があり、このうち第1若虫と成虫だけが吸血する。とくに雌は、吸血と産卵を繰り返し、生涯に100個余りの卵を産む。また、雌は交尾することなく卵を産むことがあるが、この卵はすべて雄になる。生活史の長さは温度に影響され、東京地方では8月下旬にはわずか4日、11月上旬には約20日で卵から成虫に達する。本種は人体にも移行して皮膚炎をおこすが、発症例が夏期に頻発するのも、発育期間の短縮による大量発生があるためである。
 イエダニの近縁種にはトリサシダニO. sylviarumと類似種のワクモ類Dermanyssus spp.があり、ともに吸血性で、居室内に出現して皮膚炎の原因種となっている。これらのダニ類は、肉眼的にはイエダニと区別しにくいが、すべて飼い鳥や人家に営巣する鳥類に由来するものであって、その発生源はまったく異なっている。イエダニをはじめその近似種による皮膚炎そのものには重篤なものはないが、長期間繰り返して刺されていると、かゆみの増強や不眠のほか、精神的な苦痛を伴うので、いろいろな形で生活に悪影響が現れる。発症の続発を防ぐためには、原因種を見極め、その発生源を除去することが肝要であり、補助的に有機燐(りん)剤などの殺虫剤を用いる。[内川公人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイエダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

マダニハダニ,タカラダニなどには簡単な構造の眼が1~2対あるが,ほとんどのダニは眼をもっていない。口器としては昆虫に見られるような大あごはなく,かわりに1対のペンチ状の鋏角(きようかく)があるが,ハダニやイエダニでは細長く変形している。微小な虫がはっていると,すぐにダニだと思いがちであるが,速く走るようであればクモ,ルーペで見てりっぱな眼や触角があったら昆虫と判断してよい。…

※「イエダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イエダニの関連キーワード家蜱粉蜱爪蜱葉蜱皮癬蜱根蜱虫癭蜱埃蜱サヤアシニクダニアカダニ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イエダニの関連情報