コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズエンドウ

百科事典マイペディアの解説

ヤハズエンドウ

カラスノエンドウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤハズエンドウ
やはずえんどう / 矢筈豌豆
[学]Vicia angustifolia L.

マメ科の越年草。茎は他物に寄りかかって伸び、長さ1.5メートルに達する。葉は8~16枚の小葉をつけた偶数羽状複葉で、先端は三つに分かれる巻きひげとなって他物に絡む。小葉は狭卵形で長さ2~3センチメートル。托葉(たくよう)は深く2裂し、中央に1個の大形の蜜腺(みつせん)がある。3~6月、葉腋(ようえき)の短い総状花序に1~3花をつける。花は紅紫色で蝶(ちょう)形、長さ1.2~1.6ミリメートル。豆果(とうか)は広線形、長さ3~5センチメートルで無毛。黒く熟して裂開し、5~10個の種子を飛ばす。ユーラシアの暖温帯に広く分布し、日本では本州から沖縄の野原や道端の日当りのよい所に生える。名は、小葉の先が矢筈(やはず)状にくぼむものが多いことによる。カラスノエンドウとよぶことがあるが、同属のイブキノエンドウV. sepium L.もカラスノエンドウとよばれることがあるので、ヤハズエンドウとよぶほうがよい。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤハズエンドウの言及

【カラスノエンドウ(烏豌豆)】より

…ソラマメと同属の野生のマメ科の一年草または越年草(イラスト)。ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)とも呼ばれる。道ばたや野原などの日当りのよい場所にふつうな雑草。…

※「ヤハズエンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤハズエンドウの関連キーワードカラスノエンドウ(烏の豌豆)カラスノエンドウ(烏豌豆)スズメノエンドウカスマグサ烏野豌豆

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android