コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤヒヤ・ケマル・ベヤトル Yahya Kemal Beyatlı

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤヒヤ・ケマル・ベヤトル
Yahya Kemal Beyatlı

[生]1884.12.7. ユスキュプ
[没]1958.11.2. イスタンブール
トルコの詩人。 1903年以後パリの政治学校に学び,パリ大学で歴史学を修めた。 12年までパリに滞在。帰国後,大学で教鞭をとるかたわら新聞,雑誌に寄稿し,文学者として名声を博した。 22年ローザンヌ和平条約締結の際,トルコ代表団の顧問として随行。国民議会議員 (1923) を経て,ワルシャワ (26) ,マドリード (29) 駐在大使を歴任。フランス文学に精通し,象徴派の詩人 S.マラルメの影響を受けたが,トルコ宮廷文学の技法を駆使した最後の詩人であり,その作品は短いが,新古典主義的作風を近代的感覚でうたっている。詩集『わが愛するイスタンブール』 Aziz İstanbul (1964) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヤヒヤ・ケマル・ベヤトル

生年月日:1884年12月7日
トルコ共和国の詩人
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ヤヒヤ・ケマル・ベヤトルの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android