コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマジノホトトギス Tricyrtis affinis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマジノホトトギス
Tricyrtis affinis

ユリ科の多年草。日本全土に分布し,山地に生える。茎は高さ 30~100cmで花は葉腋につく。6枚ある花被は白色で,暗紫色の斑点があり,上部は平らに開き反曲しない。本種は茎の上部に散房花序を出さないことでヤマホトトギスと区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマジノホトトギス
やまじのほととぎす / 山路杜鵑草
[学]Tricyrtis affinis Makino

ユリ科の多年草。茎は高さ30~60センチメートル、下向きの粗毛がある。8~10月、茎頂と葉腋(ようえき)に白色で紫斑(しはん)のある花を1~2個つける。ヤマホトトギスに似るが散房花序をつくらない。山地の林内に生え、日本全土に分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマジノホトトギスの言及

【ホトトギス】より

…(3)ホトトギス節はもっとも分布の広いもので,ホトトギスのほかにタイワンホトトギスが含まれる。(4)ヤマホトトギス節は通常紫色がかった花をつけ,ヤマホトトギスT.macropoda Miq.(イラスト)や,日本にもっとも普通なヤマジノホトトギスT.affinis Makino(イラスト),あるいはもっとも北まで分布するタマガワホトトギスT.latifolia Maxim.(イラスト)を含む。 日本産の種の多くは西南日本に集中するが,タマガワホトトギスとヤマジノホトトギスは北日本にも分布する。…

※「ヤマジノホトトギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマジノホトトギスの関連キーワードホトトギス(ユリ科)ホトトギスユリ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android