コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤム Dioscorea; yam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤム
Dioscorea; yam

ヤマノイモ科ヤマノイモ属の植物で根茎を食用とするものの総称。つる性の多年草で東西両半球に約 600種があり,おもに熱帯,亜熱帯に分布する。日本には約9種を産する。観賞用に植えられることもある。地下茎は塊状,棍棒状で,地中に深くもぐり,下部は上部より肥大する。葉は単葉,ときには複葉になり,心臓形,ほこ形である。雌雄同株または異株で,小花は穂状や総状花序につく。花被は6裂し,雄花にはおしべ6本,雌花はめしべ3本がある。 蒴果に3翼があり種子にも翼がある。おもなものとして,ダイジョ D. alataはインド,東アジア原産でその巨大な芋が太平洋諸島先住民の常食とされる。アフリカ原産のヤムイモ D. esculenta; potato yam,台湾・日本原産のヤマノイモ (山の芋) ,中国大陸原産のナガイモ (長芋) などいずれも多肉の地下茎が食用に供される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヤム【yam】

ヤマノイモ科ヤマノイモ属で、いもを食用とするため栽培される植物の総称。熱帯に十数種ある。熱帯アフリカの多雨地域で主食とされる。ヤムイモ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヤムの関連キーワードアシャンティ(ガーナの地名)ピンゲーオ プラッチャヤーpotato yamココナッツミルクトニー ジャーツェンバガ族コンコンバ族トムヤムクントニー・タンチューク諸島小清水[町]レモングラスヤムウンセンニアス島民イビビオ族トーライ族アカン諸族パプア諸族カラバリ族バタック族

ヤムの関連情報