コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユカギール語 ユカギールごYukaghir language

4件 の用語解説(ユカギール語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユカギール語
ユカギールご
Yukaghir language

ロシアではオドゥル語ともいう。ロシアサハ共和国内とコルイマ川上流地方の2ヵ所で話されている言語。古シベリア諸語のなかに,一応分類されている。話し手は約 1100人。この言語と近い関係にあるものにオモック語とチュバン語があったが,ともに死滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ユカギール語【ユカギールご】

シベリア北東部に分布するユカギール人の言語。オドゥル語とも。旧アジア諸語に属すが,系統については不明な点が多い。ユカギール人1100人のうち,話し手は半分以下。
→関連項目ウラル語族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユカギールご【ユカギール語 Yukaghir】

北東シベリアコリマ川周辺とインディギルカ川周辺で約300人に話されている。両群の言語差はかなり大きい。強調と非強調の対立が,(代)名詞や動詞にあり,動詞組織自体も複雑である。ウラル語族などとの同系が主張されたこともあるが,なお系譜的な帰属は未解決としなくてはならず,便宜上,旧アジア諸語に含められている。チュクチ語の影響が強く,20世紀にも相当数のユカギール族チュクチ語使用に移っている。【宮岡 伯人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のユカギール語の言及

【ユカギール族】より

…自称名は前者がワドゥル,後者がオドゥル。ユカギール語は従来便宜上,旧アジア諸語に含められていたが,サモエード諸語,アルタイ諸語,チュクチ・コリヤーク諸語などとの親縁関係,さらに,最近の研究ではフィン・ウゴル語派との共通の特徴も指摘され,分類上は問題が残されている。元来は,現在よりも西に分布していた古代からのシベリア先住民で,東へ移動しながら多くの民族と接触したものと考えられ,〈ユカギール問題〉はシベリアの古代文化や民族起源の解明に重要なかかわりをもつ。…

※「ユカギール語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone