コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユカリ

海藻海草標本図鑑の解説

ユカリ

からだは薄い膜状で細長く,枝は平面的に広がっていき,全体は扇状になる。枝は2本づつ互生に羽状に出る。小枝は長い三角形または楔形で,先端は鋭くとが るので,小枝が並んだ様子は,櫛の歯のようである。ユカリは古語で”紫色”の意味であり,和名はこれに由来する。手ざわりは非常にやわらかい。 生体海中では紫色〜紅色。押し葉標本は台紙によくつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユカリ
ゆかり
[学]Plocamium telfaiririae Harvey

紅藻植物、ユカリ科の多年生海藻。紫紅色で、やや硬くて細い体枝が数多く不規則に分岐し、もさもさとした分枝体となる。最先端小枝には、櫛(くし)の歯状に並ぶ3~4本の短糸枝をつけるのが特徴である。体高は10~25センチメートル内外。温・暖海性の海藻で、外海浅所の岩礁上に生育する。分布は日本から朝鮮半島と広く、産量も多い。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユカリの関連キーワード臨死!!江古田ちゃんマウンティング女子ホソバナミノハナ穂積 由香里ユカリ(縁)田島ユカリマキユカリ森千早都干物女塩釜

ユカリの関連情報