ユパンキ(英語表記)Atahualpa Yupanqui

デジタル大辞泉の解説

ユパンキ(Atahualpa Yupanqui)

[1908~1992]アルゼンチンフォルクローレ歌手・ギター奏者・作詞家・作曲家。本名、エクトル=ロベルチ=チャベーロ(Héctor Roberto Chavero)。自然の風景とそこに住む人々の姿を歌った。作品に「インディオの道」「ツクマンの月」「牛車にゆられて」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユパンキ

アルゼンチンの作曲家,歌手。フォルクローレの作詞家で,ギター奏者でもある。本名チャベロ。芸名はインカ帝国の皇帝2人の名前を取ったもの。ブエノス・アイレス州の寒村カンポ・デ・ラ・クルスに生まれた。9歳のときトゥクマン市に移住,少・青年時代は国内を放浪し,働きながら音楽や文学を学んだ。1929年処女作《インディオの道》を書いた。その後も農民や牧夫の生活をテーマに深い人生観をにじませた作品を発表し,1930年−1940年代に活動の輪を広げた。代表作に《トゥクマンの月》《牛車にゆられて》《牛追いは行く》などがあり,左ききに構えるギターの演奏と渋く奥深い語り口の歌とでフォルクローレの第一人者となった。ほかに《インディオの道》《インディオのしらべ》《風の歌》などの著作や詩集もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユパンキ【Atahualpa Yupanqui】

1908‐92
アルゼンチンの作曲家,歌手,ギター奏者で,詩人,作家としても知られる。本名チャベロHéctor Roberto Chavero,芸名はインカ皇帝2人の名を取ったもの。ブエノス・アイレス州の寒村カンポ・デ・ラ・クルスに生まれ,少・青年時代はアルゼンチン国内を広く放浪し,働きながら音楽,文学を学んだ。1929年に処女作の歌曲《インディオの道Camino del indio》を書く。30~40年代を通じ,詩人・音楽家としてしだいに認められ,1950年前後,《トゥクマンの月Luna tucumana》《牛車にゆられてLos ejes de mi carreta》ほかを発表し,また左ききに構えるギターの演奏,渋く奥深い語り口をもつ歌とにより,フォルクローレ(民謡に基づく民衆音楽)界の第一人者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android