コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユパンキ Atahualpa Yupanqui

デジタル大辞泉の解説

ユパンキ(Atahualpa Yupanqui)

[1908~1992]アルゼンチンフォルクローレ歌手・ギター奏者・作詞家・作曲家。本名、エクトル=ロベルチ=チャベーロ(Héctor Roberto Chavero)。自然の風景とそこに住む人々の姿を歌った。作品に「インディオの道」「ツクマンの月」「牛車にゆられて」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユパンキ

アルゼンチンの作曲家,歌手。フォルクローレの作詞家で,ギター奏者でもある。本名チャベロ。芸名インカ帝国の皇帝2人の名前を取ったもの。ブエノス・アイレス州の寒村カンポ・デ・ラ・クルスに生まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユパンキ【Atahualpa Yupanqui】

1908‐92
アルゼンチンの作曲家,歌手,ギター奏者で,詩人,作家としても知られる。本名チャベロHéctor Roberto Chavero,芸名はインカ皇帝2人の名を取ったもの。ブエノス・アイレス州の寒村カンポ・デ・ラ・クルスに生まれ,少・青年時代はアルゼンチン国内を広く放浪し,働きながら音楽,文学を学んだ。1929年に処女作の歌曲《インディオの道Camino del indio》を書く。30~40年代を通じ,詩人・音楽家としてしだいに認められ,1950年前後,《トゥクマンの月Luna tucumana》《牛車にゆられてLos ejes de mi carreta》ほかを発表し,また左ききに構えるギターの演奏,渋く奥深い語り口をもつ歌とにより,フォルクローレ(民謡に基づく民衆音楽)界の第一人者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ユパンキの関連キーワード父さんのポンチョサクサワマン1月30日インカ文化ビラコチャインカ帝国ミロンガ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android