コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア樹脂 ユリアジュシ

4件 の用語解説(ユリア樹脂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユリア‐じゅし【ユリア樹脂】

urea resin尿素樹脂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユリア樹脂【ユリアじゅし】

尿素樹脂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ユリアじゅし【ユリア樹脂】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリア樹脂
ゆりあじゅし
urea resin

アミノ樹脂(アミノ基-NH2を含む化合物とアルデヒドとの縮合によって得られる樹脂の総称)の一種。尿素樹脂ともいい、熱硬化性樹脂の一つである。ユリア(尿素)とホルムアルデヒドとをアルカリ性のもとで反応させてメチロールユリアをつくる。[垣内 弘]

製造法

実際の製造はユリアとホルムアルデヒドを1対2~3モルの割合に混ぜ、アンモニア水で反応液のpHを7~8に保つ。反応温度35~70℃で約4時間反応させ、次に減圧濃縮してその水分の20~30%を除去するか、あるいはそのままの溶液に充填(じゅうてん)材を加える。ユリア樹脂は美しい光沢のある製品を形成するのが特徴であるから、充填材としては白色の人絹用パルプを70~80%添加する。パルプの添加によって製品の収縮を防ぎ、耐絶縁性(電気絶縁性)を与え、製品の機械的強さを増加させる。パルプと混合したものは50~60℃の乾燥器中で乾燥して水を追い出す。その間にメチロールユリア(ユリア樹脂)が成長していく。すなわちメチロール基HOCH2-の入ったメチレンユリアになる。ユリア樹脂の熱硬化はメチロール基どうしの縮合反応、メチロール基とアミノ基やイミノ基と縮合することによる。
 いずれの反応も、水が生成する縮合反応で酸が触媒となる。実際には触媒として無水フタル酸、塩化亜鉛、塩化アンモンのような酸性化合物の少量と滑剤や顔料などを加えて微粉砕する。成形はクロムめっきした金型を用いて130~150℃で圧縮成形する。[垣内 弘]

用途

接着剤としての用途は木材接着剤として合板の製造に用いられる。メチロールエーテルをアルコールでエーテル化したものは塗料になる。ユリア樹脂の特徴は安価なことと、着色が自由なことで、雑貨品としての用途が多く、日本では年間約14万トン(2002)生産されている。[垣内 弘]
『布山五雄著『尿素樹脂工業・メラミン樹脂工業』(1950・誠文堂新光社) ▽沼田勇記著『ユリア樹脂』(1961・日刊工業新聞社) ▽三輪一郎著『プラスチック材料講座 ユリア・メラミン樹脂』(1978・日刊工業新聞社) ▽本山卓彦・永田宏二著『接着剤』(1988・工業調査会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユリア樹脂の言及

【尿素樹脂】より

…尿素とホルムアルデヒドの縮合によって得られる熱硬化性樹脂。ユリア樹脂ともいう。フェノール樹脂とならぶ代表的な熱硬化性樹脂で,1920年にドイツで発明された。…

※「ユリア樹脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユリア樹脂の関連キーワードアミノ樹脂シリコーンテフロン尿素樹脂珪素樹脂石炭酸樹脂ウレア樹脂クマロン樹脂ケイ素樹脂(珪素樹脂)フッ素樹脂(弗素樹脂)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユリア樹脂の関連情報