尿素樹脂(読み)にょうそじゅし(英語表記)urea resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尿素樹脂
にょうそじゅし
urea resin

ユリア樹脂ともいい,尿素ホルムアルデヒドとの縮合によって得られる熱硬化性樹脂である。無色透明で着色も簡単にできるが,水に弱い。尿素とホルムアルデヒド水溶液を混合して得られる初期重合物に,パルプなどの充填剤を加えて加熱し,固化して樹脂として使用する。たとえば,化粧品,薬品の容器のキャップ,ボタンなど。また,初期縮合物を,濃縮して木材接着剤に,アルキド樹脂と混ぜて塗料にも使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

尿素樹脂【にょうそじゅし】

ユリア樹脂とも。尿素ホルムアルデヒドの縮合によって作られる熱硬化性樹脂。無色透明で着色性がよいが,耐水性耐熱性がやや劣る。電気部品や雑貨,漆器生地などの成形材料,合板用接着剤が主な用途。硬化剤のホルムアルデヒドの毒性により用途が限られている。
→関連項目合成樹脂塗料接着剤メラミン樹脂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょうそじゅし【尿素樹脂 urea resin】

尿素とホルムアルデヒドの縮合によって得られる熱硬化性樹脂。ユリア樹脂ともいう。フェノール樹脂とならぶ代表的な熱硬化性樹脂で,1920年にドイツで発明された。成形しやすく,着色が容易で,かつ絶縁抵抗や耐電圧性などの電気特性にも優れているため,今日でも用いられているが,耐熱性,耐水性,耐久性に問題があるため,電気部品(つまみ,コネクター,スイッチボックスなど)や雑貨(ボタン,容器類のキャップ,文具,各種ケース類など)が主となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にょうそじゅし【尿素樹脂】

尿素とアルデヒド(主としてホルムアルデヒド)とを縮合重合させて得る熱硬化性の合成樹脂。接着剤・塗料・防縮加工・電気絶縁材などに用いる。ユリア樹脂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尿素樹脂の言及

【ガス化学工業】より

…メーカーには,三井東圧化学,三菱瓦斯(ガス)化学,信越化学工業,日産化学工業,日本化成,協和ガス化学工業,コープケミカル,東洋ガス化学工業などがある。ガス化学工業の主要な前記3製品のうち,まずメタノールはその大半がホルムアルデヒドになり,ホルムアルデヒドは,ユリア樹脂(尿素樹脂),メラミン樹脂(接着剤や化粧板等の原料)などや,ポリアセタール(エンジニアリングプラスチック,いわゆるエンプラ)などの原料である。アンモニアは,尿素,硫安などの窒素肥料や,ナイロン,アクリルなどの合成繊維の原料をつくるのに使われる。…

※「尿素樹脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尿素樹脂の関連情報