ユルト(英語表記)yurt

翻訳|yurt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユルト
ゆると
Yurt

ユルタYurtaともいう。南シベリア、中央アジアのトルコ系諸民族が使用する天幕。構造はモンゴルのゲルとほとんど同じで、矢来(やらい)組を円筒形に立て並べた外壁の上に棒を放射状に並べたドーム型の屋根をのせ、全体をフェルトで覆う。夏には壁にフェルトのかわりに簾(すだれ)を立て風通しをよくし、冬には土塁や石塁を築いて寒風を防ぐ。ゲルとの大きな違いは屋根の骨組が湾曲している点である。ユルトは遊牧民の本来の住居であったが、定住化が進んだ今日ではセカンド・ハウスとして使用される場合も多くなっている。[佐々木史郎]
『トーボー・フェーガー著、磯野義人訳、梅棹忠夫監修『天幕――遊牧民と狩猟民のすまい』(1985・エス・ピー・エス出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のユルトの言及

【ユルタ】より

…もともと〈放棄された野営地〉を意味していたが,のち〈住む場所〉〈土地〉〈フェルト製テント〉などの意味に使われるようになった。ユルトというのが原音に近い。トルコ系遊牧民のなかでは,オエイ,ウイ系の言葉がフェルト製テントに対して用いられることが多い。…

※「ユルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android