コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーザビリティ usability

翻訳|usability

3件 の用語解説(ユーザビリティの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ユーザビリティ【usability】

有用性。使いやすさ。特にコンピューターで、ハードウエアやソフトウエアの使い勝手。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

ユーザビリティ

use+ableから来ており、ソフトウェアWebサイトの「使いやすさ」のことを指す。ユーザが目標の操作を完了するまでの様々な機能になるべく簡単な操作でアクセスできることや、使っていてストレスを感じないことなどが、優れたユーザビリティとなる。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーザビリティ
ゆーざびりてぃ
usability

電子機器、ソフトウェア、ウェブサイトなどの「使いやすさ」のこと。あらゆる製品の性能は「何ができるか」を示す機能(ユーティリティ)と「どのように操作するか」を示す使いやすさ(ユーザビリティ)の二つの側面で構成され、ユーティリティはテクノロジー(技術)、ユーザビリティはデザイン(設計、意匠)に近い。1998年に定められた国際規格ISO 9241-11では、「特定の利用状況において、特定の利用者によって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、利用者の満足度の度合い」と定義されており、日本でも1999年(平成11)にJIS Z8521として標準化されている。
 多くの工業製品はもともと技術偏重であったが、デザインを最優先する考え方が広まっている。優れたデザインを採用することにより、取扱説明書などに頼らなくても見た目で直感的に操作方法がわかる、必要としている機能に1~2回の操作で到達できる、画面転換が瞬時に行われるなど、スムーズな操作が可能になる。パーソナルコンピュータや携帯音楽プレーヤーなど、おもに一般向けの小型機器やソフトウェアについて取り入れられていたが、ユーザビリティの高さが緊急事態発生時における重大な操作ミスの回避にもつながることから、自動車をはじめ、飛行機、電車、船舶など、大型輸送機械についても重視されるようになっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユーザビリティの言及

【ヒューマンインターフェース】より

… これをHI研究の第1の波とすると,第2の波が,コンピューターという新たな知的対話マシンの急速な普及に伴って,1960年代初頭におとずれた。きっかけは,リックライダーJ.C.R.Lickliderの提案による,コンピューターの使い勝手(ユーザビリティusability)向上のための研究であった。ここでは,第1の波とは違って,人とコンピューターとの交流の〈わかりやすさ〉が追求されることになり,認知工学の一分野として研究されてきた。…

※「ユーザビリティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーザビリティの関連キーワードシステムソフトウェアソフトウェアハウスソフトウェアモデムソフトウエアハウス解凍ソフトカスタムソフトウエアパッケージソフトウエアオーサリング・ソフトウェア

ユーザビリティの関連情報