コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユースフ・イブン・ターシュフィーン Yūsuf ibn Tāshufīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユースフ・イブン・ターシュフィーン
Yūsuf ibn Tāshufīn

[生]?
[没]1106
北アフリカのベルベル人によるイスラム王朝の一つ,ムラービト朝第4代の君主 (在位 1090~1106) 。同朝の首都としてマラケシュを建設し,イベリア半島に遠征してムルーク・アッタワーイフ (群小諸王) を一掃してムスリム勢力を支配しつつ,北方からのキリスト教徒諸王国の攻勢に対処した (→ムルーク・アッタワーイフ時代 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユースフ・イブン・ターシュフィーンの関連キーワードザッラーカの戦いベルベル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android