コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイサラ朝 ホイサラちょうHoysaḷa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイサラ朝
ホイサラちょう
Hoysaḷa

南インドのカルナータカ地方を 11~14世紀まで支配した王朝。都はドーラサムドラ。後期チャールキヤ朝のもとで南のチョーラ朝との戦いに活躍して次第に勢力を伸ばし,チャールキヤ朝の衰退とともに,12世紀中頃トゥンガバドラ川とハガリ川の上流地方を征服した。バッラーラ2世はカーベリ川上流をも支配してチャールキヤ朝から独立 (1190頃) 。 14世紀初めにデリーのイスラム勢力ハルジー朝とこれに代ったトゥグルク朝の侵入に悩まされ,また南方マドゥライのイスラム政権や新興のビジャヤナガル王国にも圧迫され,14世紀なかば頃滅亡した。美術史上,ホイサラ様式と呼ばれる独特の寺院建築を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホイサラちょう【ホイサラ朝 Hoysaḷa】

南インド諸王国分立時代に約250年間マイソール地方に勢力を誇った王朝。1106‐1342年。その出自は本来マイソール地方のガンガバーディGangavādi北西部の山岳地帯を拠点とする支配者であり,山賊行為を経済の基盤としていたといわれる。チャールキヤ,チョーラ両朝の対立に乗じて平原部へと進出し,チャールキヤ王国の封臣として台頭する。ホイサラ王朝を実質的に創始したのは1106年に即位したビッティガBiṭṭigaであり,首都をドーラサムドラDvārasamudra(現,マイソール近くのハレービード)に置き,自らビシュヌバルダーナと称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイサラ朝
ほいさらちょう
Hoysala

南インドの王朝。ドバーラサムドラ(現ハレービード)を首都に、12世紀前半から14世紀前半にかけてカルナータカ州南部地方を支配した。初めはカリヤーニのチャールキヤ朝の封臣であったが、12世紀前半のビシュヌバルダナが勢力を拡大し、12世紀末バッラーラ2世の治世にチャールキヤ朝を滅ぼして独立した。13世紀には南方のチョーラ朝の地深くに進出し、その結果ホイサラ朝は事実上二分して内戦に発展し、北からはヤーダバ朝、南からはパーンディヤ朝に侵攻され危機を招来したが、13世紀末にバッラーラ3世がふたたび王国を統一して勢力を回復した。しかし、14世紀初頭デリー・サルタナットの遠征軍に敗れ、その後マドゥライに成立したムスリム政権との争いによってついに滅亡した。この王朝のもとでは、星型の基壇をもち、壁面に細かなフリーズ彫刻の施されたホイサラ様式とよばれるヒンドゥー寺院が建造され、その代表的なものが、ハレービード、ソームナートプルなどに残っている。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホイサラ朝の関連キーワードマリク・カーフールカーカティーヤ朝ケーシャバ寺院タンジョールインド美術ハレビートベルールインド史ハッサン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android