ユーティリティ(読み)ゆーてぃりてぃ

  • utility

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住宅関係で何にでも役にたつ部屋、有用な部屋の意で、とくに家事室など家事作業のための設備が集約的にまとめられた部屋をさす。住宅の設備の進歩したアメリカで発達したもので、現在のアメリカの住宅では、どの家でも台所に付属してユーティリティが設けてあり、洗濯機、乾燥機、アイロン台、仕事台、ボイラーなどが置かれている。

 日本でも、雑多な家事作業を秩序づけ、能率的に行うため、家庭用設備器具の進歩に伴い、ユーティリティが普及するようになってきた。家事作業は、食堂、台所、浴室、サービスヤードなどとの関連が密接であるから、働きやすく、能率のあがる場所にユーティリティを設ける必要がある。手先の作業をするときのための照明器具、電話、インターホンなどもまとめて設備すると便利である。およそ5~8平方メートル(1.5~2.4坪)の広さがあれば十分で、独立してユーティリティを設けられない場合は、食堂や台所にコーナーとして設けるとよい。

[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android