有用(読み)ユウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐よう〔イウ‐〕【有用】

[名・形動]役に立つこと。また、そのさま。「社会に有用な(の)人材」⇔無用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうよう【有用】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
役に立つ・こと(さま)。 ⇔ 無用 「国家-の人材」 「 -な品物」 「社会に-な人材」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐よう イウ‥【有用】

〘名〙 (形動) 役に立つこと。つかいみちがあること。また、そのさま。有益。うよう。
※語孟字義(1705)上「聖人所謂知者、〈略〉自家而及于乎天下、皆有用之実学」
※古道大意(1813)下「其の国々に依て、産物が各々ちがって、色々有用の物が出来る」 〔荘子‐人間世〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有用の関連情報