コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーロパ Europa

翻訳|Europa

大辞林 第三版の解説

ユーロパ【Europa】

1610年、ガリレイが発見した木星の四大衛星中で最小のもの。半径1565キロメートル。表面は氷の厚い層でおおわれている。エウロパ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ユーロパ

木星の第II衛星。1610年にG.ガリレイが発見。木星の中心から67万1130km(木星半径の9.40倍)のところをほぼ円軌道を描いて,3.551181日の周期で公転

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユーロパ【Europa】

木星の第II衛星。1610年,G.ガリレイによって発見され,ギリシア神話の王女エウロペにちなんで名付けられた。木星中心から67万1120km(木星半径の9.40倍)のところをほぼ円軌道を描いて3.551181日で公転している。半径は1565km,質量は4.789×1025g(木星の2.5219×10-5倍)で平均密度は2.99g/cm3と求められる。惑星探査機ボエジャー1,2号が撮影した写真で,表面は厚い氷の層に覆われていることがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーロパ
ゆーろぱ
Europa

木星の四大衛星の一つ。1610年ガリレイが発見した。四大衛星中ではイオに次いで木星に近く、木星の中心から67万1000キロメートルの距離を3.5512日の周期で公転している。木星が衝(しょう)のころ地球から見た明るさは6等級。ユーロパの直径は3130キロメートル、密度は約3.0と求められている。惑星探査機ボイジャーにより、その表面は氷に覆われ、クレーターは少ないが多くの不規則な条状模様がみられることがわかった。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユーロパの関連キーワードユーロパリア1989ディエゴ マラーニモザンビーク海峡ボイジャー計画ガリレイ衛星亀倉 雄策中村 邦子ボエジャー木星探査機河口龍夫森村泰昌ガリレオ村岡三郎エウロパゴーモン最小

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android