コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーンソン

2件 の用語解説(ユーンソンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ユーンソン

スウェーデンの作家。北部の貧しい家に生まれた。1921年―1923年にベルリン,パリに滞在して独学で広い知識を身につけ,自伝的4部作《ウーロフをめぐる物語》(1934年―1937年)で地位を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユーンソン【Eyvind Johnson】

1900‐76
スウェーデンの作家。スウェーデン北部,北極圏に近い地に石工の子として生まれ,少年時代から肉体労働に従事しながら,独学でジャーナリスト,作家への道を切り開いた。1921‐23年ベルリン,パリに滞在,第1次大戦後のヨーロッパの実情に触れ,飢餓の記録といわれる小説《見知らぬ四人》(1924)で文壇に登場。自伝的小説《ウーロフをめぐる物語》四部作(1934‐37)で作家としての地位を確立した。《夜間演習》(1938)はナチス批判の作品,《クリローングループ》の三部作(1941‐43)は第2次大戦中の作品で,これらの執筆と同時に彼は反戦新聞の地下発行のような実践的抵抗運動に加わっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユーンソンの言及

【スウェーデン】より

ヘイデンスタムは病弱の身のために療養をかねて長く海外生活を送った後に祖国スウェーデンへ回帰したが,ラーゲルクビストは早くからパリに遊び,みずから海外の新風に触れてそれを摂取しようとしたのであった。ユーンソンマルティンソンは次に述べるプロレタリア文学を代表する作家,詩人であるが,前者はいち早く郷里の寒村をすてて一個のヨーロッパ人となることを目ざして大陸へ渡り,後者は天涯孤独の身を船員生活にゆだねて世界をまわり,ヨーロッパばかりか南アメリカ,アジア,中国の文化にまで強い関心を示したのであった。 20世紀スウェーデン文学を特色づけるものにプロレタリア文学がある。…

※「ユーンソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーンソンの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーイングスウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone