コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウシュヤマゴボウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウシュヤマゴボウ
ようしゅやまごぼう / 洋種山牛蒡
[学]Phytolacca americana L.

ヤマゴボウ科の多年草。北アメリカ原産の帰化植物で、至る所に野生化している。アメリカヤマゴボウともいう。茎は無毛で高さ約2メートルに達し、紅紫色を帯び、上方で細く分枝して四方に広がる。葉は短柄があり、卵状楕円(だえん)形で長さ10~30センチメートル、先端、基部ともにしだいにとがる。6~10月、長さ約15センチメートルの総状花序をつくり、微紅色を帯びた白色の小花をまばらに開く。花被(かひ)片は五枚、雄しべは10本。雌しべは子房は10室、心皮は5個。花序は果実期に垂れ下がる。果実は扁球(へんきゅう)形の液果で紅紫色、種子は扁平で光沢がある。
 古くから果汁を絹や紙の染料として用い、俗にインクベリーともいう。根に樹脂、硝石配糖体を含み、欧米ではリウマチの変質剤、吐剤として用いる。近縁のヤマゴボウによく似るが、ヤマゴボウは花序が直立し、心皮が8個なので区別できる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヨウシュヤマゴボウの言及

【ヤマゴボウ】より

…全体はヤマゴボウに似るが,花が淡紅白色で,果実は分果を作らず球形の1個の液果となる。ヨウシュヤマゴボウP.americana L.(英名poke,scoke,pokeweed,pokeberry,pigeonberry,garget)(イラスト)は北アメリカ原産で帰化し,雑草としてよく見られる。茎は赤みを帯び,花序は下垂し,おしべは10本。…

※「ヨウシュヤマゴボウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨウシュヤマゴボウの関連キーワード山牛蒡

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android