コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素化

2件 の用語解説(ヨウ素化の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ヨウ素化

 タンパク質などをヨウ素と結合させること.放射性ヨウ素を利用してタンパク質やペプチドヨウ素化すると,分子内のチロシンがヨウ素化され標識分子として利用できる.ラジオイムノアッセイなどに用いられる.甲状腺ホルモンは天然のヨウ素化物質.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ素化
ようそか
iodination

有機物にヨウ素原子(ハロゲンの一つ)を導入する反応の総称で、ヨード化ともいう。脂肪族化合物のヨウ素化と、芳香族化合物のヨウ素化とがある。[加治有恒]

脂肪族化合物のヨウ素化

この反応には次のようなものがある。
(1)アルキル金属にヨウ素を反応させる。

(2)アルケンにヨウ素を付加させる。

(3)他のハロゲン化アルキルのハロゲンをヨウ化物イオンと交換する。
[加治有恒]

芳香族化合物のヨウ素化

(1)芳香族アミンをジアゾ化してヨウ化カリウムを加える。(2)ジメチルアニリンは水中で炭酸水素ナトリウムとヨウ素により直接ヨウ素化される。(3)芳香族マグネシウムブロミドをヨウ素と反応させる。[加治有恒]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヨウ素化の言及

【ハロゲン化】より

…有機化合物に1個またはそれ以上のハロゲン原子を導入する反応で,ハロゲンの種類によって,フッ素化,塩素化(クロル化),臭素化(ブロム化),ヨウ素化などと呼ばれる。(1)フッ素化 有機化合物のフッ素化は,近年薬理活性化合物との関連で,きわめて多くの反応が開発されている。…

※「ヨウ素化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨウ素化の関連キーワードアポタンパク質核タンパク質球状タンパク質色素タンパク質ステロイド結合タンパク質粗面小胞体単純タンパク質タンパク質窒素銅タンパク質複合タンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨウ素化の関連情報