コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナクニサン Attacus atlas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨナクニサン
Attacus atlas

鱗翅目ヤママユガ科。前翅長 110~115mm。翅は褐色で,前後翅ともに大きな三角形の半透明部がある。前翅の翅頂は細長く伸び湾曲するが,雄のほうが著しい。触角は雌雄とも櫛歯状。世界最大のガの一種で,八重山諸島,台湾,中国南部に産し,他の亜種が東南アジアに広く分布する。和名は八重山諸島の与那国島に多産するためにつけられた。繭は大型で袋物として利用される。 (→ヤママユガ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨナクニサンの関連キーワード与那国町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android