ヨナクニサン(英語表記)Attacus atlas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鱗翅目ヤママユガ科。前翅長 110~115mm。翅は褐色で,前後翅ともに大きな三角形の半透明部がある。前翅の翅頂は細長く伸び湾曲するが,雄のほうが著しい。触角は雌雄とも櫛歯状。世界最大のガの一種で,八重山諸島,台湾,中国南部に産し,他の亜種が東南アジアに広く分布する。和名は八重山諸島の与那国島に多産するためにつけられた。繭は大型で袋物として利用される。 (→ヤママユガ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android