ヨハニデス(英語表記)Johanides, Ján

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨハニデス
よはにです
Jn Johanides
(1934― )

スロバキアの作家。政治的理由によりブラチスラバの大学を放校になった後、さまざまな職につきながら執筆し、短編集『私生活』(1963)でデビューした。実存主義の影響を受け、個人の生理的感覚に密着しながら個と社会の危機を描く手法は、社会主義リアリズムのもとで硬直化していた文学界に新風を吹き込んだ。1968年の『プラハの春』弾圧後約10年間出版を禁じられるが、環境問題を扱った『知られざる鴉(からす)たち』(1978)で文壇に復帰し、以後『マウトハウゼンの象』(1985)、『兄弟を葬る』(1987)など話題作を発表。社会主義体制崩壊以降も『就寝前のツグミの鳴き声』(1992)、『雄猫と冬の人』(1994)などをはじめ旺盛(おうせい)に新作を上梓(じょうし)している。[木村英明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android